• 介護リフォームの基礎知識

かけがえのない大切な家族が、安全で快適な暮らしを送るために。
住まいの安全性や機能性を見直して住環境を改善し、
事故を未然に防ぎ、安心・安全に暮らせる住まいをつくることは
介護が必要な方だけでなく、ご家族の負担軽減にもつながります。
介護に直面している方はもちろん、まだ現実的ではない方も「もしも」のために
知っておきたい基礎的な知識をご説明します。

介護保険制度について

介護保険は市町村が運営し、40歳以上の人が加入して、保険料を納めます。
基本的に65歳以上の方が、介護や支援が必要であると認定を受けた場合に費用の1割又は2割負担で介護サービスを利用できます。
40歳から64歳で医療保険に加入している方は、老化に伴う一定の病気が原因で介護が必要であると認定を受けた場合に介護サービスを利用できます。

介護保険の利用手続き

(1)市の介護保険の窓口に申請書を提出します

(2)要介護認定が行われます

●訪問調査(調査員が訪問して聞き取り調査をします)
●判定(どのくらい介護が必要な状態なのか判定されます)

(3)結果の通知

要介護度とよばれるランクが通知されます
要支援1、2と要介護1〜5の7ランクがあり、要介護5が最も重いランクになります。

介護サービスの利用手順

ケアマネジャーといっしょにケアプラン(必要な介護サービスの種類や料金などに ついて決めた利用計画書)を作成します。
その後、ケアプランにそって、介護サービスを利用します。

介護サービスの種類

【1】居宅サービス

自宅あるいは有料老人ホームなどに入居している人が利用できるサービスです。
要介護度によって、1ヵ月に利用できる限度額が決められています。
限度額の範囲でサービスを利用した場合、費用の1割又は2割が自己負担で、9割又は8割が介護保険から給付されます。
限度額を超えた分は全額自己負担です。
【居宅サービスの種類】    
1.
2.
3.
4.
5.
訪問介護(ホームヘルプサービス)
訪問入浴介護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導
訪問看護
6.
7.
8.
9.
10.
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
特定施設入居者生活介護

 

【2】施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に住んで利用するサービスです。  

 

【3】地域密着型サービス

その地域に住んでいる人しか利用できないサービスで、市町村ごとに利用できるサービスの種類が異なります。
【地域密着型サービスの種類の例】
1.
2.
3.
4.
5.
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型通所介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
夜間対応型訪問介護
地域密着型通所介護 など

 

【4】環境を整えるためのサービス

【福祉用具を借りる】

車いす、特殊寝台、手すり(工事不要のもの)、スロープ、歩行器など、
13種類が貸出しの対象となります。
※要介護度により利用出来ないものがあります。

【福祉用具を購入する】

ポータブルトイレや入浴用いすなどの特定の福祉用具が購入の対象となります。
毎年4月1日から1年間に10万円までが限度で、その1割又は2割が自己負担です。

【住宅改修をする】

手すりの取付けや段差の解消など小規模な住宅改修費用の一部が支給されます。
※新築は対象外です。

介護保険住宅改修

【支給対象となる工事】

(1)手すりの取付け
(2)段差の解消
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
(4)引き戸等への扉の取替え
(5)洋式便器等への便器の取替え
(6)その他、(1)から(5)に付帯して必要となる住宅改修

 

 

【支給額について】

他の在宅サービスの限度額とは別枠で、20万円の支給限度額が設定されています。
このうち1割又は2割が自己負担で、最高18万円が支給されます。
支給限度額を超えた部分は全額自己負担になります。
・要介護度のランクによる違いはありません。
・介護保険住宅改修の上限20万円までは、後日、別な工事をすることができます。
・引っ越したときは、新たに上限20万円まで利用できます。
・要介護度が3段階以上高くなった時も、新たに上限20万円まで利用できます



 

Copyright© AMENITY&AS All rights reserved. 株式会社アメニティアンドエーエス 静岡県磐田市鎌田2504-2番地 TEL: 0538-33-7433FAX: 0538-30-7433