• 場所別・介護リフォームのポイント
「廊下・階段」の介護リフォームポイント安住工房の福祉住環境コーディネーターがご提案する介護リフォームのポイントや施工例ギャラリー。
このページでは廊下・階段リフォームのポイントについてご説明します。

【ポイント1】手すりを設置する

【1】居室からトイレや浴室を結ぶ廊下に手すりを設置します。

使う人の身長や身体状況に合った高さで、切れ目なく連続して設置します。

【2】階段に手すりを設置します。

できるだけ両側に設置しますが、片側だけの場合は下りる時に力の入る腕側に取付けます。切れ目なく連続して設置します。
 
廊下手すり   階段手すり

【ポイント2】部屋の出入口の段差を解消する

【1】部屋の出入口の段差にミニスロープを設置します。

縦手すりを設置すれば、出入りの時に身体を支えられるので、より安全です。

【2】廊下の床をかさ上げします。

廊下と部屋の段差が大きい時は、ミニスロープでは角度が急すぎて危険なので、
廊下の床を張替えて、かさ上げします。
ミニスロープ

【ポイント3】滑りにくい床材に変更する

【1】廊下の床材が滑りやすい時は、滑りにくく、つまずかない床材に張替えます。


【2】階段の段鼻はノンスリップ加工をします。

(溝加工のある段板を選ぶ、ノンスリップ材を貼り付ける、など)
 

【ポイント4】照明を明るくする

【1】夜間にトイレに行く時のために、廊下や階段に足元灯を設置します。

何ヶ所かで点灯できるスイッチにしたり、人感センサーで点灯するタイプにすると便利です。
 



 

Copyright© AMENITY&AS All rights reserved. 株式会社アメニティアンドエーエス 静岡県磐田市鎌田2504-2番地 TEL: 0538-33-7433FAX: 0538-30-7433