• 場所別・介護リフォームのポイント
「トイレ」の介護リフォームポイント安住工房の福祉住環境コーディネーターがご提案する介護リフォームのポイントや施工例ギャラリー。
このページではトイレリフォームのポイントについてご説明します。

【ポイント1】トイレ機器を使いやすくする

【1】和式便器は洋式便器に交換します。

【2】温水洗浄便座を設置します。

 
温水洗浄便座   リモコンで便器洗浄

【ポイント2】出入口まわりを使いやすくする

【1】扉を使いやすくします。

(例1) 扉のノブをレバー式などの使いやすいものに交換します。
(例2) 使いやすい扉に交換します。
入口が狭い場合は開口寸法を拡張します。
引き戸、引込み戸、折れ戸、アコーディオンカーテンなど
 
引き戸   引き込み戸

【2】段差の解消対策をします。

(例1) ミニスロープを設置します。
(例2) 敷居が高い場合は撤去して、床を補修します。
必要に応じて、扉下部に継ぎ材を付けます。  
ミニスロープ

【ポイント3】手すりをつける

【1】出入口の脇に縦手すりを設置します。

(扉を開閉したり、段差を通るときに利用します)


【2】便器の横に手すりを設置します。

(身体の向きを変えたり、身体を支えるときに利用します)
手すり

【ポイント4】福祉用具を利用する

【1】補高便座を設置します。

(座面を高くして、立ち座りを楽にします)


【2】トイレリフトを設置します。

(電動で便座を昇降して、立ち座りを楽にします)
 
補高便座   トイレリフト

【ポイント6】寝室から近くする

【1】寝室とトイレが隣接していれば、寝室からトイレに直接入れる入口を作ります。


【2】寝室内の押入れにトイレを新設することもできます。



 

Copyright© AMENITY&AS All rights reserved. 株式会社アメニティアンドエーエス 静岡県磐田市鎌田2504-2番地 TEL: 0538-33-7433FAX: 0538-30-7433